予防歯科学分野 新潟大学大学院医歯学総合研究科口腔健康科学講座 Japanese English
教室員
研究内容
業績
新潟高齢者スタディー
予防歯科診療室
糖尿病・生活習慣病教室
WHO口腔保健協力センター

新着情報 〜2019/01/11までの情報はこちら
・2019/06/05
教室員のページを更新しました。
・2019/04/17
業績のページを更新しました。
・2019/04/05
教室員のページを更新しました。
・2019/02/06
・2019/01/16
業績のページを更新しました。
・2019/01/11
教室員のページを更新しました。
タイのマヒドン大学の大学院生であるDr. Bandana Pathakが、2019年5月27日から6月7日にかけて新潟大学大学院医歯学総合研究科予防歯科学分野を訪れました。 彼女は、WHO口腔保健協力センターとしての活動を見学し、グローバルオーラルヘルスに関する講義を受講しました。
平成31年4月4日、新入歓迎会を開催しました。
平成30年12月2日、小川祐司教授就任祝賀会がホテル日航新潟にて開催されました。
平成30年9月10日、FDI理事会ではFDI常設委員会委員選挙が執り行われ、日本歯科医師会が推薦した小川祐司教授(日歯国際渉外委員会委員)が公衆衛生委員会委員に選出されました。
平成30年3月29日、宮ア秀夫教授の送別会を開催しました。
宮ア秀夫教授最終講義

平成30年3月14日、午後5時より歯学部講堂にて宮ア秀夫教授の最終講義が執り行われ、学内外から多数の方々にご参集、ご聴講いただきました。
平成30年1月31日、八木准教授と多田助教の送別会およびインドネシアからのMochamad Fahlevi Rizal助教の歓迎会が行われました。
2017年11月12日、新潟市民プラザにて「糖尿病を知るつどい2017」が開催されました。 市民の方に糖尿病をより理解してもらうため、医師、歯科医師、看護師、歯科衛生士、薬剤師、栄養士、臨床検査技師、理学療法士、運動指導士など、多方面からの専門家が集まり、セミナーが行なわれました。 歯科分野からは、予防歯科学講座が参加し、歯周病と糖尿病の関係に関するレクチャーと、歯科衛生士による口腔保健指導を行いました。 参加された市民の方からは、「初めて歯周病と糖尿病が関係あることを知ることができた。」「歯磨きの大切さを知った。」などの声を頂き、好評のうちに終わりました。 今後も、さらに内容を充実させ、活動を広げていきたいと思います。
歯科医師による講義 歯科衛生士による口腔保健指導 歯科関係参加スタッフ
平成29年7月29日、新潟大学歯学部講堂にて、第28回 甲信越北陸口腔保健研究会総会・学術大会が開催されました。 宮崎教授が「新潟高齢者コホート研究:20年のまとめ」と題した大会長講演を行いました。 また、当分野から、金子助教、皆川医員、渡辺大学院生が口演発表を行いました。
2017年7月13日、ミャンマーからの研修生2名の歓迎会が行われました。2名は今後2ヶ月に渡り、予防歯科学分野にて、口腔保健調査データの解析方法を学ぶ予定です。